×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

クラッチ交換(取り付け編)

(`・ω・´)シャキーン!
これがOSスーパーシングルでございます。
ちなみに・・・こんな素敵なものに入っております。
(発泡スチロールみたいな素材です)
部屋の中で開封しようものなら間違いなく粉だらけになることでしょう(爆)
クラッチレリーズフォークなどをWING21秘伝のタレで念入りに洗浄していきます(爆)
年期の入ったタレなので残念ながら画像をお見せすることはできません(笑)

店長様>モザイク処理しておきました 笑(・ω・)ノ
ふざけた冗談はおいといて・・・

洗浄したレリーズフォークやキット付属の専用スリーブベアリングを組み込みます。
エンジンにフライホイールを固定しようとしたら取り付けボルトが長すぎたようです。

そんなときは・・・・・・・・
ファイヤー!!!(爆)
ボルトの先端を少し切断して無事取り付けることができました。
フライホイールはトルクレンチを用いて規定トルクで締め付けます。
上から
・クラッチディスク
・プレッシャープレート
・クラッチカバー
です。
フライホイール、クラッチディスク、プレッシャープレート、クラッチカバーの順で
取り付けて行きます。
組み付けるときは確実に芯出ししておきます。
完成間近( ̄ー ̄)ニヤリ
人間ミッションジャッキ(凄)でミッションを持ち上げます。
ミッションマウントを取り付けて・・・
プロペラシャフトを差し込んで・・・
オペレーティングシリンダーを元通り取り付けて・・・
セルモーターを取り付けてバッテリーのマイナス端子を元に戻せば完成です。
WING21さん、本当にありがとうございました。

感想ですが
組んだ日はさすがにガッツンガッツン強烈につながります。
エンストの鬼とでも呼んでください(笑)
乗るたびに当たりが出て馴染んできて今では凄く扱いやすいです。
半クラは多めですが多様は避けましょう。
シャラシャラ音は控えめです。
↑シャラシャラ音重視なら迷わずORC(小倉クラッチ)を選びましょう(^^;