×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ATパネル流用、改め活用

はい、皆様お久しぶりです(・ω・)ノ
長い間更新が止まっていましたが、ちゃんと生きてますよ〜(笑)
※前回更新日が2011年11月24日、本日は2012年3月4日(^^;

昨年末から年始にかけて、仕事・プライベート共にバタバタで・・・スイマセンm(_ _)m

ヤフオクでR32のAT用のパネルをゲットしました。
今までコラム下にあったDefiのコントロールユニット。
これをATパネルのインジケーター部分に埋め込みたいと思います。
とりあえずあてがってみます。
上下左右共にインジケーター部分のほうが狭いです。
これだと指を突っ込まないと操作できません(笑)
ニッパーとヤスリを駆使して削ります。
ベルトサンダーがあれば瞬殺であろうこの作業(笑)



ベルトサンダーくれ!!!(・∀・*)
・・・それでもヤスリで地道に削ります(笑)
途中経過。

あともうちょいですね♪
あてがっては削り、あてがっては削り・・・を繰り返した末、何とか完成(笑)

机の上の削り粉が全てを物語っています(笑)
ほい(・ω・)ノ
コントロールユニットの形が八角形なので、それにあわせて削りました。
インジケーター部分の上側はそのままなので、取り付けると斜め上向きになります。
固定方法はどうしようかな〜?