×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

白昼堂々

さらに翌日。
※もちろん作業したのは夜勤明けのお昼です(笑)

車高が限界突入してしまったリアはほっといて、フロントもswiftバネに交換します(・ω・)ノ
減衰調節モーターを外し・・・

って、アッパーマウントのゴムブッシュが大変なことになってますね(苦笑)
ロアブラケットは19mmのソケットにブレーカーバーと鉄パイプの延長ワザで緩めます。
非力な僕は延長ワザが重要になります(笑)
フロントのアッパーマウントのナットは14mmです。
緩めたらリア同様に外します。
画像が一気に飛びましたが、車体から外しました。
めっちゃ汚れてます(^^;
ヘキサゴンレンチと14mmのロングメガネでロックナットを外します。
もうすぐでちぎれそう・・・感心している場合ではありませんが(-ω-;
完全にエンジンルームの熱でやられてしまってます。
スプリングシートワッシャーを取り外します。
こちらもスプリングシートワッシャーを外し、代わりにスラストシートを入れます。
入れる順番を間違えないように・・・。
そしてswiftバネを入れます。
とりあえずはツルシと同じ8キロで様子を見てみたいと思います。
長さはトラストのツルシが200mmに対し、swiftバネは178mm(7インチ)にしました。
上側にもスラストシートを入れて、アッパーマウントを元通り取り付けます。
とりあえず、一本完成(笑)
謎のポーズで反対側も作業開始(笑)
使用しないスプリングシートワッシャーが固着していたのでコジって外しました。
バネが短くなった分、そのまま取り付けるとバネが遊ぶのでロアシートの位置を上げます。
プリロードゼロの位置でロックシートを締めて固定します。
さぁ、フロントはどうなることやら・・・
直巻き→直巻きなので大丈夫かとは思いますが・・・。