×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

明るい音質向上計画

純正ナビもそこそこの音は出ます・・・
でもやっぱりいい音で音楽を聴きたい!ということでスピーカー交換をしたいと思います。
HCR32のを移植してもよかったのですが、どうせなら・・・ということでお買い上げ♪

アルパインのDDL-R170Cです(・ω・)ノ
ただ交換するだけでは面白くないので、バッフルボードを自作してみたいと思います。
まずプラ板を用意します。

って、やったことも無い作業、果たして・・・?
プラ板にスピーカーをあてがい・・・
油性マジックで罫書きます。
こういうときに本業が発揮?(笑)
こんな感じに。
一応合いマークなんか入れてみたり・・・
こんな感じに(・ω・)ノ
取り付け穴の交点を結び、スピーカーの中心を出します。
スピーカーを表に向けて確認。
うん、いい感じ♪
取り付け穴の間の距離を測ります。
145mmといったところでしょうか?
裏に向け、取り付け穴からスピーカー外周までの距離を測ります。
3.5mmぐらいですね。
145-3.5-3.5=138
138÷2=69

半径69mmの円を描きます。
カッターナイフで罫書いた線をくり抜き、スピーカーをはめ込んでみます。
うん、ジャストサイズ!
プラ板に半径69mmの円を描きます。
コンパスにマジックをセロテープで固定して描きました(笑)
とりあえず、交換するスピーカーのテンプレートは完成しました。