×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

エアクリ交換

純正のエアクリーナーだと集塵効率の向上を求めているため、吸気効率が
あまりよくありません。
そこで、定番のHKSのパワーフロー(通称キノコ)を装着しました。
ちなみにヤ○オクでゲットしました(笑)
バッテリーのマイナス端子を外します。
エアフロのコネクタを外します。
ちなみに僕は何か勘違いしていたようでコネクタを外すのに10分程費やして
しまいました(笑)

あとは説明書通り外していきます。
エアフロを固定しているホースバンドを緩め、エアフロを外します。

タービンにつながっているパイプに軍手やウエスをかぶせておきます。
↑ネジやゴミが入るとエンジンが・・・・( ̄△ ̄;
純正のエアクリASSYです。
そこでHKSのパワーフローの登場です・・・・・・・・
ってオイ!(笑)

えのきじゃないか・・・(汗)
キノコ違いでした(^^;
今度こそHKSのスーパーパワーフローの登場です。
既にこの時にはエアフロに合体、各種ステーも仮止め状態です。

ここで気をつける点はエアフロのOリングを必ず装着することです。
あとは各種ステーを本締めしてエアフロのコネクタをカチッという音がするまで
差し込みます。
(あとバッテリーのマイナス端子も忘れずに)
エア漏れの無いよう、確実に締めます。

ただし、ホースバンドの締めすぎには注意してください。
パキッといったら悲しいので・・・(汗)
エンジンをかけて、エア漏れがないか確認します。
異常がなければ完成です。

感想ですが、吸気音がイイ感じです。
今まで(ノーマル)は窓を閉めてオーディオも切った状態で耳を澄ますと少しだけ
吸気音が聞こえましたが、変えてからはアクセルを踏むたびに
「しゅごぉぉぉ〜〜〜ぱしゅ〜ん!」
と、純正ブローオフ(正確にはリサーキュレーションバルブ)の音がしっかりと
聞こえるようになりました。

あと、微妙なんですがパワー感が少し上がったような気がします。