×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

イジるより維持る

以前、純正ラジエーターからトラストのラジエーターに交換しましたが・・・
純正ファンシュラウドの付け根が割れてる・・・(ToT)
経年劣化でしょうか?はたまたエンジンの熱害、振動でしょうか?
こちら側にいたってはすでに分離しています(ToT)
このままでは危ないので新品を購入しました。
確か3000円ちょいだったはずです。
ちなみに品番はご覧の通り、21476-04U00です。
ラジエーターを外すべく、アンダーカバーとロアシュラウドを外します。
ロアシュラウドは割れていなかったので、ケチって再利用(笑)

一応参考までに、品番は21477-91L00です。
ラジエーターを固定しているステーも外します(10ミリのナットで左右一箇所ずつです)
あと、画像にはありませんが、純正の水温センサーの黄緑色のカプラーも外しておきます。
※ちょうどアッパーホースの下辺りにあります。
ドレンボルトを外し、クーラントを排出します。
抜け切ったらロアホースとアッパーホースのホースバンドを緩め、上下のホースを外し・・・
ラジエーターのフィンを傷つけないように、ゆっくりと上に持ち上げます。
新旧でこれほどツヤが違います(笑)
上がお疲れ様なファンシュラウド。
トラストの取説の通り削り、ファンの逃げ加工をします。
左右下部も取り付け方法の変更のため、カットします。
あとアッパーホースの部分も最小限削りました(笑)
ホースをつけてしまえば見えるトコではないのに、変にこだわってR加工(笑)
Defiの水温センサーも逃げ加工しました。