×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ドクター中松

いきなりですが、トランクを開けて車高調の減衰調節モーターを外します。
ついでにタワーバーも外しておきます。
車高調のピストンロッドにヘキサゴンレンチを挿して回り止めにし、ロックナットを緩めます。
※メーカーによって違いがあるかもしれませんが、トラストの場合14mmです。

・・・後から気づく「別に車内じゃなくても外せるじゃん」と(笑)
ジャッキアップをして、ウマをかけます。
ロアブラケットのナット(17mm)を緩め・・・
アッパーマウントのナット(14mm)も緩めておきます。
車高調摘出!
そして登場するのが・・・
フライングシューズ!(笑)
ではなくて、swiftの直巻スプリングです。
レートはとりあえず同じ6kgで・・・
鈍感な僕が体感できなかったら意味が無いので、お試し的な意味で中古です(笑)
長さはツルシが250mm、swiftが9インチ(228mm)です。
計算上は22mm車高調の下げ代が増えます。
※ショックがブラケットの底に付かない限り(笑)
一応、現状の長さを測っておきます。
アッパーマウントからロアブラケット間の距離で計っておきます。
←画像ですと305mmですね。
最初のほうで緩めたロックナットを外します。
アッパーマウントを外し、ワッシャー、マウントブッシュも外します。
あとはスプリングを引っこ抜けば・・・
ぽろ♪
この通り外れます。